• 入会金・会費
  • 金銭等管理サポート・主旨説明
  • 金銭等管理サポート・費用規程
  • 付き添いサポート
  • 身元保証サポート
  • 埋葬(葬儀・供養)、残存家財片付けサポート
  • 見守りサポート

spbanner01.jpg

?基本料金

入会金 20,000円 ・入会後、全てのサポートにおいて相談無料。 ・下記A~Eのサポートの利用可能。
月会費 5,000円/月 ・全てのサービスが利用可能になります。 ・D(葬送、家財片付けサポート)に入会で月会費1,000円割引
・要介護認定相談 ・終活相談 ・障がい者の方の住居相談
・ケアマネージャー紹介 ・身元保証の相談 ・NPO発行冊子および各種資料の送付(毎月)
・在宅訪問介護、訪問看護紹介 ・任意後見相談
※身元保証契約時は別途経費がかかります。
・訪問相談
※1ケ月に1度程度ご本人様(ご家族)とお会いして状態管理させて頂きます
・老人ホーム入所の相談 ・障がいサービス利用相談
※任意後見契約時は別途経費がかかります。
・老人ホーム紹介 ・障がい者就労支援相談

?オプション料金

  個別サポート契約料 サポート費用 備 考
A 金銭管理 20,000円 別紙規定による  
B 付き添い 0円 都 度  
C 身元保証 20,000円 別紙規定による  
D 葬送・家財片付け   1,000円/月~ ・少額短期保険を利用する場合
・一括で500,000円のお支払も可能です。
E 見守りサポート   1,600円/月~ ・要介護者の場合
・1,600円/月、見守り携帯支給(電話相談自由)
・訪問時別途費用。

※料金体系は予告なく変更する場合がございます。

spbanner02.jpg

金銭管理サポートは、身体の自由がきかなくなってきた時などに、
老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などに入居する際に、
施設に預貯金などを持ち込まず、個別の任意契約を当NPOと結んで、
金銭(または財産)の管理を依頼する契約になります。

これによって、ご自身に代わって金銭の管理を行ってもらう人を
決めることが出来ます。
金銭管理契約が、成年後見制度や任意後見制度と違うところは、
契約の締結後に、さっそく効力が発揮されるところにあります。
※成年後見や任意後見は、契約者の意思能力の低下が条件となります。

金銭管理契約は、民法の委任契約に基づく契約ですので、
老人ホームや介護施設への入所するものの、判断能力(意思能力)はハッキリしているので、成年後見は使えない場合などに適用されます。
金銭管理契約の内容は、双方の合意にもとづいて決められます。

例えば、任意後見契約と同じような預貯金の管理や年金の受領、公共料金の支払いなど一般的な財産管理から、老人ホームに入居している方に代わって月々の支払いを代行することや、定期的にお小遣いの受け渡しを行う事、毎月の記帳を本人や本人の子供等に連絡することなど個別契約のなかで自由に決めることが可能です。

しかしながら、認知症など判断能力が低下している方とは契約を結ぶことは出来ません。

spbanner03.jpg

金銭等管理につき、別途「金銭等管理委託契約書」を締結した上で、下記のとおり費用を取り決める。

sp03_banner1.jpg
個別契約料 20,000 ・契約書作成、初期登録、保管管理設定手数料
・請求書類送付先変更手数料等
基本料金 500円/月 ・出納・残金管理
(賃貸物件(施設等を除く)賃貸料支払い含む)
(ガス・電気・水道等公共料金の支払い含む)
施設等利用料支払 1,000円/月 ・請求書、領収書管理含む
お小遣い管理・手渡し
月例サポート
2,000円/月 ・月に1回手渡しに行きます。
(その歳に、一ケ月間の金銭入出状況を確認致します。)
・預貯金の払い出し、預入れ(月1回)
・通販等のコンビニ、銀行払い込み
・買い出しについては、別途付き添い費用と同等の
時間当たりの費用が発生いたします。
権利書、証券等の預かり
(通帳以外)
500円/月 ・300万円以上の価値(契約時)のものについて、
発生いたします。

その他、上記以外の管理項目が発生した場合は、契約者双方で話し合いの上、費用を決定し、
覚え書きに金額を記した上で、署名・捺印して頂きます。

sp03_banner2.jpg

(1)「金銭等管理委託契約書」の第3条に従い、契約契約が満了した場合。
(2)「金銭等管理委託契約書」の第7条に従い、契約者「甲」が、正当な理由で2ケ月以上前に解約を申し入れた場合
(3)「金銭等管理委託契約書」の第8条に従い、契約が終了した場合。

解約金 2,000 解約手数料として。
預かり品をご自宅に持っていき、受領書にサインして頂きます。

(4)上記以外の理由で契約が終了した場合。

解約金・違約金 5,000 解約手数料として。
預かり品をご自宅に持っていき、受領書にサインして頂きます。

spbanner04.jpg

sp04_img.jpg

※緊急時にはお伺いできない場合がありますので、あらかじめ予約して頂くようお願いいたします。

spbanner05.jpg

・病院の入院時
・病院入院時の予後相談、ケースワーカーとの相談立会
・福祉施設(老人ホーム等)への入居
・賃貸住宅への入居

等に対して、「身元保証人」「身元引受人」としての
調印行為や、それに附帯するサポートを行います。

・病院・施設への定期訪問(1回/月程度)
・随時の身元相談

sp05_imgs.jpg

<身元保証サポートに含まれる支援>

・病院や施設への定期訪問(1回/月程度)
・病院入院時のケースワーカー様との相談(1回/月まで無料)
(2回目/月以降から、付き添いサポート同等の費用が発生いたします)
・病院入退院時の付き添い、移動
・施設入居、退去時の付き添い、移動

万一お亡くなりの場合、当NPOサポートD「葬儀サポート」に契約済みであれば、当センターにて
そのまま引き継ぎ可能ですが、未契約の場合で当センターにて葬儀を行う場合は、別途費用が必要となります。

spbanner06.jpg

葬儀サポート ~葬送サポートを契約頂いた方がお亡くなりになった場合~

①死亡連絡 当センターが連絡受信 TEL:052-838-9760
②葬儀実施方法を確認 契約時に指定された形式の確認
③実施内容 ・死亡診断書の受け取り
・死亡診断書の受け取り提出と火葬許可証の
交付申請(区市町村)
・病院等から火葬場等への遺体搬送
・火葬
・指定連絡先(契約時に指定)への遺骨引き渡し

残存家財片付けサービス ~残存家財片付けサポートを契約頂いた方がお亡くなりになった場合~

①死亡連絡 当センターが連絡受信 TEL:052-838-9760
②家財片付け方法等確認 契約時に指定された形式の確認
③家財の状況を確認 ・指定連絡先の方と当センター担当者が立会
・荷物量の確認
・片付けの日(実施日)を決定
④片付け不要の家財や当センターが片づけることのできない貴重品は、契約時の
指定連絡先の方に引き取って頂きます。
⑤実施日に、住宅内(部屋内)に残っているすべての家財を片付け

葬送・残存家財片付けサービス費用

①少額短期保険を利用する場合
・費用=1,000円/月程度~(契約時年齢、男女により変わります)
・受取額=500,000円~(お亡くなり時に保険金が発生します。掛け金により金額が変わります。)

A:保険金受取人が当センターの場合、上記葬送サポートおよび残存家財の片付け
等は、全て当方手配および実施致します。

B:保険金受取人がご親族等の場合、葬儀実施はそのご親族にお任せ致します。
残存家財の片付けについては、契約時当方に委託されていた場合はその契約
の範疇で実施致します。

②一括預かり金方式の場合
・基本費用=500,000円(希望葬儀形式、残存家財の量等で契約時に変更する可能性あります)

この方式の場合、上記葬送サポートおよび残存家財の片付け等は、基本、
全て当方手配および実施致します。

注1)残存家財片付けサービスについて、一軒家・持ち家マンションの場合、契約時に相続人を明確にして頂く必要があります。
注2)当サポートをご契約頂く場合、基本、「死後事務委任契約」を締結して頂く必要があります。

spbanner07.jpg

①要介護1~要介護5の方の場合

ご利用時 費 用 備 考
基本利用料 1,600円/月 ・見守り携帯支給
電話相談 無料  
訪問サポート 600円~ ・夜間の場合・・・訪問介護保険の範囲で介護させて頂きます。
別途 ・昼間の場合・・・別途付き添いサポート同等費用
基本利用料 別途 ・別途付き添いサポート同等費用

②要介護以外の方の場合

ご利用時 費 用 備 考
基本利用料 2,300円/月 ・見守り携帯支給
電話相談 無料  
訪問サポート 別途 ・夜間の場合・・・訪問介護保険の範囲で介護させて頂きます。
別途 ・昼間の場合・・・別途付き添いサポート同等費用
基本利用料 別途 ・別途付き添いサポート同等費用